Subscribe Now
12月16th

LPOツールで売り上げUPを狙う

インターネットによる通販が一般的になり、商品の売上げを伸ばすには、ホームページのアクセス数を増やすことが必須です。
どの企業、通販ショップでもSEO対策に余念なく、アクセス数を伸ばそうと必死ですね。
しかし、近年ではたとえアクセス数を増やしても、売上げに直結しないという傾向があるようです。
そのために、最近行われているのがLPOです。

LPOとは、ウェブの広告サイトなどから訪れた訪問者が、最初に訪れるページであるランディグページの最適化をすることをいいます。
いくらアクセス数を増やしても、そのランディングページに魅力がなかったら訪問者は素通りをして、ホームページに滞在し、商品を購入するアクションを起こしてくれません。

そこで、ランディングページを充実させて、訪問者を滞在させるために色々工夫をするのがLPOで、これによって多くのサイトが商品の売り上げを伸ばしていますので、なかなか売上が伸びないと悩んでいるショップや企業には是非、試して頂きたいと思います。http://www.cocomatch.jp/

LPOはココマッチLPOが良いですよ。
ココマッチLPOは、手数料が安くて、設定も簡単、サポートもしっかりしているので、安心できるLPOコンサルタントです。
LPOのことが全く分からない人でも大丈夫。
ココマッチLPOが全て行ってくれます。
時代に乗り遅れないように、すぐにLPO対策に乗り出しましょう。

9月9th

可愛らしいネーミングの「小さな結婚式」

ラリアンスの『小さな結婚式』というプランは、2名からOK。
もっとも、結婚式に1名で申し込むひとはいませんけどね・・・。

挙式、食事、写真、ドレス・タキシード、ヘアメイクなど、丸ごとまとめて平日なら98,000円と驚くほどお安いです。土日祝日は多少高くなりますが、129,500円でできますよ。

しかも、平日に見学して成約すると、デズニーリゾートペアチケットをプレゼントしてもらえちゃうという・・お得なプランでしょう。

さらに、お得なのは、9月、10月、11月に挙式をすると、30,000円引きになるそうです。
だからとても安い金額で結婚式ができますよ。
平日98,000円→68,000円に、土日祝日129,500円→99,500円になります。

2人だけの結婚式だからといって、悲しい気持ちになる必要はありません。
たくさんのスタッフが見守ってくれます。

それにしても、地域によって仕方がちがうと思いますが、たとえば、会費制とか招待制とか。
会費制は北海道の定番の結婚式スタイルで、本州は招待制が定番みたいなところがあります。
会費制の場合、現在の相場は1万円程度、しかし、招待制となると3万円はご祝儀として包むのが、昨今の相場です。

しきたりとか風習とか、世間体というのは、まだまだ、冠婚葬祭に色濃く残っているのがわかりますね。

■参考になると思いますよ→http://www.lalliance.jp/wedding/plan/quick_wedding.htm

6月24th

弔電は文例を使って

弔電 文例知り合いのお葬式があるのに用事があって参列できない時、弔電を打つのが日本では礼儀の1つになっています。
お世話になった方が亡くなったのに、お葬式に何もしないのは礼儀知らずと言われても仕方ありません。
お悔やみの言葉だけでも送って感謝の気持ちを表しましょう。

ただし、気をつけなければならないことは、弔電はお悔やみの言葉ですので、軽々しい言葉を使うことは慎まなければならないということです。
日本語って難しいですよね。
分かっていても、お悔やみの言葉なんてあまり使ったことがないし、失礼のないような言葉を考えるのはちょっと無理な話しです。

そのような時は電報サービスの文例を利用しましょう。
電報サービスには弔電の様々な文例が用意されています。その中から自分の気持ちに合うものを選んで送るようにすれば良いでしょう。

おすすめの電報サービスは「VERRY CARD」にある弔電の文例です。
弔電の文例がとても豊富ですし、弔電と一緒に供花も送ることができます。
お世話になった方を真心で弔ってあげましょう。

近年は、人と人との繋がりが弱くなっていて、お葬式があっても参列できなくても何も気にしないという人が増えているそうです。
本当に寂しい話しですね。特に都会ではそのような傾向にあるようです。

亡くなっていても魂は生きていると言います。古くからの伝統を大切にしたいですね。